Nami Kendo Taikai 2017

9月30日(土)~10月1日(日)、EU・ジャパンフェスト日本委員会とともに「波」財団が「Nami Kendo Taikai」という国際的な剣道大会を準備しました。参加者はイスラエル・日本・韓国・ドイツ・ポーランド・ハンガリー・イタリアなどから78人以上の方々がいました。 マイン審判員は東京から来た菅原忠則先生(七段教士)でした。共に下平晋一郎先生(七段教士)が来ました。 

大会は大成功でした。龍心会の剣道家も成功でした。
Kaniewski Darekが「Młodzik」ランキングに二位をとりました。
Krawczyk Zuzannaが「Junior」ランキングに三位をとって、「最高の闘志」賞も貰いました。.
Niewiadomski Mateuszが「Młodzież」ランキングに三位をとって、「最高の闘志」賞も貰いました。

そしてKuźniar Piotruśが「一番年下参加者」の賞を貰いました。 

日曜日に級の試験が行いました。龍心会の剣道家の合格は:
Kruczek Piotr 五級
Mertuszka Ala 三級
Niewiadomski Mateusz 一級
Łotysz Grzegorz 一級

チーム大会で龍心会のチーム(Niewiadomski・Wiewiórski・Górski)が五位をとった。 

「Journey to Japan」の大会の勝者は東京への旅行や菅原先生とトレーニングを貰いました。ファイナルでNiewiadomski Mateusz とKaczor Maurycy(UKS Łódź)が戦いました。 最後にMaurycyが勝ってきました。来年に日本へ行きます。 

みんなの勝者におめでとうございます! 

写真やもっと詳しく: NAMI Kendo Taikai